住宅ローン 減税と 年末調整の 書き方や必要書類のまとめ


住宅ローン減税を受けるためには、サラリーマンの方は年末調整
を受けることになります。

そのため書類を提出することになりますが、書き方については経理
にお尋ねください。

年末調整は会社の経理で処理してくれる


サラリーマンの方というか、給与所得の方にとっては、結婚や出産
、住宅ローンを組んだときなどは、税金との関係から、年末調整の
ためにいろいろと書類を提出することになります。

この年末調整とは、予め予想で税金を拠出しているために、12月で
その方の一年間の正しい税金額を算出するために行うものです。

給与所得で勤めをしている方にとっては、経理のことを考えなくて
良いのです。

しっかりと書き方を聞いて、書類を提出してください。

住宅ローン減税に必要な書類


年末調整を受けるためには、給与所得者の住宅借入金等特別控除申
告書と年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書が必要です。

住宅ローン控除のために行うもので、所得税や住民税から控除され
ることが目的です。

所得税は、10種類の所得に分類されていて、その家庭によって控除
される額が変わります。

例えば年の途中に結婚をしたりすることで、扶養家族が増加したり
、住宅ローンを組むことで、正確な控除額が判明します。

書き方については、きちんと説明を受けることで、必要な書類に書
き込んでください。

住宅ローン減税の金額


住宅ローン借入金の年末残高の上限は2000万円となっています。
この金額は減少しています。

控除率は、平成21年からは1%となっています。
控除期間は10年間です。

ざっと計算をすると、

2000万円の借り入れで毎年100万円の返済の場合、最初の年末調整
では、2000万円の1%で20万円が控除され、
翌年は1900万円ですから19万円というように10年間で155万円の控
除が受けられることになります。

住宅ローン減税、計算するとなかなか大きい金額ですから、年末調
整は正確な書き方で提出してください。