住宅ローン 減税の 申請 時期はいつ?現金購入の方にも・・・


住宅ローン減税を受けるための申請時期は確定申告時です。

住宅ローン減税とは?


住宅ローン減税制度は住宅ローンの借り入れで住宅取得をする方に
、金利負担の軽減をするために所得税や住民税の一部を減らすもの
です。

あくまでも自己申告によるもので、住宅ローンを組んだからと行っ
て、自動で住宅ローン減税が行われるものではありません。

時代とともに内容も見直されるもので、今年の消費税増税に合わせ
て、内容も拡充しました。

10年間、1%の控除率は変わらないものの、最大控除額が200万円か
ら400万円になりました。

申請時期と方法


住宅ローン減税は、入居した年の次の年の確定申告で申請をします
が、方法は税務署へ必要書類を提出することになります。

住宅を取得し、6ヶ月以内に入居をすることが条件になります。
このまま数年住まないでということでは、対象になりません。

また、世帯主が必ず住む必要もなく、家族誰かが居住でもOKです。

様々な添付書類を用意して、翌年の2月から実施される確定申告を
行なってください。

会社員の方は、この一回の確定申告で、翌年からは年末調整で自動
的に住宅ローン減税を行なうことができます。

自営業の方は、毎年確定申告の時期に申請を行なうことになります。

住宅ローンは利用していないけれど


住宅ローン減税の特例として、現金購入の方の中で、長期優良住宅
、低炭素住宅などを購入された方には、投資型減税という方法での
減税措置があります。

ただし、1年間の減税になります。

住宅ローンを利用されている方は10年間、現金の方は1年間という
ことですが、住宅ローン減税という名前だけど、現金購入でも減税
対象になるのですから、納得でしょう。

一部の住宅に限定されていますから、内容は確認してみてください。
申請時期と方法は、住宅ローン減税と同じです。