住宅ローンは 事前審査の結果通知からがスタート!?


住宅ローンの審査は2段階あるのが普通です。
事前審査と本審査があります。

事前審査とは?


住宅ローンの事前審査とは、金融機関だけが行なうものです。
本審査と比較をして、甘い基準となっていることが多いです。

この時には、営業マンとの相談ができることがメリットですが、も
ちろん審査基準についての口外はありません。

どうしたら良い?と言うよりは、予算をどのくらいにしたら良いと
か、住宅ローン以外のローンについての問い合わせなどができます。

とは言え、相手も金融機関のきちんとした審査になります。
事前審査が通ることで、結果通知の通知が来て、本審査に入ります。

事前審査で必要なもの


事前審査では、源泉徴収票、住民票、課税証明書、購入物件資料な
どです。

これをみる限り、所得や納税額に対しての住宅ローンの金額を確認
するためだけのようですが、その他ローンがあったり、クレジット
カードのりようなどに関しての情報を調べることもあります。

同意書があってのことですが、事前審査では、返済能力の表面的な
ものだけを確認することが多いです。

でから、ここで単純に、返済が困難と判断された結果通知の場合は
、その先の本審査は困難になるのではないかと予想されます。

事前審査と本審査の違い


本審査では、保証会社がその方の個人情報をすべて調べることにな
ります。

現在のローンばかりではなく、過去のローンなどの情報も調べるこ
とになります。

事前審査とは内容もかわってきますから、審査基準は厳しくなって
しまいます。

各金融機関では、どのようなことを調べるとは絶対に公表しない、
結果通知も事務的なものだけに、予想でしかわかりません。

この事前審査の結果通知の基準によって、各金融機関の審査内容が
大きく変わるとされています。