住宅ローンの審査とクレジット 延滞記録はどう響く?


住宅ローン審査では、様々なことを調べます。
その中では、クレジットに関することも含まれます。

住宅ローンの審査とクレジット


住宅ローンの審査は、返済能力の有無について、いろいろなことを調査するようです。
これとこれの情報を審査すると断言ができないのは、各自の金融機関が審査内容を公表していないからです。
ただ、様々な情報を収集すると、クレジットのことは調べます。
クレジットの何を調べるかについては、それぞれの金融機関で基準が違います。

ある住宅ローンの審査


これは口コミによるものですが、クレジットを利用して、数回返済が延滞をしたようです。
それがつい最近のことだったようで、残念ながら審査は通らなかったということです。
これが10年前ということになると、延滞をしていても大丈夫だったかもしれないということですが、それほど日が経っていなかったことで、住宅ローンの審査がダメだったというものです。
延滞は、信用問題に関わることで、住宅ローンの返済は、多額の数字になることから、この方への住宅ローンの審査を通すわけにはいかないということになります。
このように延滞は、10年間くらいは情報機関に記録されることから、審査を通過するのに大きなネックになります。

クレジットの事実だけでダメ?


きつい住宅ローンの審査の例として、過去に一度でもクレジットを利用したり、決して延滞はしていないのに、現在クレジットカードを利用しているだけで、住宅ローンの審査が通らなかったというケースもあります。
年収が低くても、クレジットをしていませんという方が有利になるなど、住宅ローンとククレジットの関係はいろいろとあるようです。
事前情報は、多く収集してください。