住宅ローン 金利 2015年5月の 変動 推移はどうなる?


住宅ローン金利の変動推移は刻々と変わっています。
2015年5月の金利をみてみましょう。

引き下げられた住宅ローン金利


2015年5月の住宅ローンは、多くの金融機関で引き下げを実行しま
した。

フラット35は過去最低金を更新し、低金利と言われる近年において
も、超低金利ということになっています。

各金融機関において競争心に火がついたということにもなりますが
、消費者としては歓迎です。

背景には、消費税増税によって、新築住宅の買い控えや様子見の消
費者の取り込みということもあります。

ソニー銀行では、いち早く6月の住宅ローン金利の発表も行われ、
その後も変動推移は低いままという見方が大きいです。

変動推移に影響するもの


こうした住宅ローン金利に大きく影響を与えるものは、長期金利で
す。

世界市場で、低金利が続くとみて、国債の購入につながり、住宅ロ
ーンの金利の低い変動推移になっているとされています。

現在の金利は、多分最低限とされていますが、今後このように状態
が続く時には、もう一弾の引き下げがなるかどうかが大きな注目と
されています。

長期金利の動向が、住宅ローン金利の変動推移に大きく影響を与え
ます。

住宅ローンの金利、いまが買い?


そのようなことは、ずっと言われ続けています。

今が低いということですが、ひょっとしたらこの先もだらだらと引
き下げが行われる事も予想されます。

そんな時には、借り換えなどを利用は、少しでも低い住宅ローン金
利を利用したいと思うところです。

実際の住宅ローンの利用には審査を減ることになります。

この期間を考慮に入れつつ、金利の変動推移を見つめること、住宅
ローンの準備をしてください。

審査だけなら複数申し込みもできますし、選択肢も増えます。