労金の 住宅ローン 低金利 が推移している今が狙い目!?


労金の住宅ローンの金利推移については、全国統一ではありません。
必ずお住まいの労金の金利推移を確認して下さい。

労金の住宅ローン


労金とは労働金庫のことを言いますが、それぞれが資金を出し合っ
て作った共同組織の金融機関です。

営利を目的としない、福祉金融機関とされていますが、普通の銀行
などとあまり変わりはありません。

現在全国に12の労金がありますが、それぞれ独立した営業形態にな
っています。

住宅ローンの商品もそれぞれの労金支店で独自の金利などを打ち立
てています。

大きな差はありませんが、住宅ローンにとっては、0.1%の差でも
違いは大きいです。

金利推移は言うまでもないグラフの動き


労金の金利推移といえば、ここ最近は安心の低金利です。
1%下がりました、0.1%上がりましたという内容です。

大きな観点から言うと、低金利時代になってからは、横ばい状態が
続いています。

ちなみに2009年では5%の住宅ローンも現在は2%台です。

それでも実は高い方で、人気のある労金の住宅ローンは1%台がほ
とんどです。

ということは、金利推移はずっと低いです。

ネット銀行などでは、1%未満もある現在においては、2009年の5%
というのは脅威の数字といえます。

人気が高い労金の住宅ローンだけど


労金では、優遇金利などの提供により、安い住宅ローンが実現して
います。

金利推移によって十分低くなるのですが、それにはこの条件という
ことの提示があります。

給与振込みなどを筆頭とする内容になっていますから、どこまで適
用できるかも問題になります。

それをすべてクリアすることで、念願の低金利実現ということです。

最後まで説明を聞いてやっぱりという方も少なくないかもしれませ
ん。